Kettlest おすすめはどれ?どこよりも電気ケトルのことを調査・比較検証したサイト » 全30メーカーの電気ケトル一覧 » ミヨシ
 

ミヨシ

ミヨシの電気ケトルの画像

引用元:amazonより(https://www.amazon.co.jp/ミヨシ-折りたためる電気ケトル-800ml-MBE-TK03-WH/dp/B07SCY5MWG/ref=sr_1_2?__mk_ja_JP=カタカナ&keywords=ミヨシ 電気ケトル&qid=1578470123&sr=8-2)

ミヨシの口コミ

コンパクトに折りたためるのがよかった

イタリア旅行のために購入しました。友人が日本のように湯沸かし器があるところは、イタリアにはないので是非持って行った方がいいといわれました。確かにどこのホテルにもなく持って行ってとても重宝しました。主にお茶とみそ汁、カップ麺に使用しました。沸騰すると自動でスイッチが切れるし、何といってもコンパクトに折りたためるのがよかったです。折りたたみ方は一度に押し込もうとせず、すこしずつ押し込んでいけば簡単に折りたためます。もう私の中では海外旅行には必需品になりました。

中に熱線がないので洗いやすい

国内・国外どちらも使えるのは便利でした。ポット裏にある切り替えをすれば大丈夫なのですが、その切り替えがナイナスドライバーなものが必要です。もう少し切り替えしやすければな…と思います。それでも星5なのは、それ以上の価値があると思っているから。中に熱線があるタイプではないので洗いやすいし、折りたためて携帯も良いです。ただ、耐久性は使う前に2度ほど試し沸かししました。臭いはまったくありませんでした。ちなみに海外ではアイルランドで使いました。

スーツケースに入れてもかさばらない

ハノイの泊まるホテルに電気ケトル有るかどうか見るサイトによってまちまちで、日本から持参する即席麺やお味噌汁、コーヒーの為に出発前に急遽注文しました!他の方のレビューを読みながら出発前に3回以上沸騰したらゴムのような独特な匂いも消えましたし電圧も予めベトナム用に切り替えておきました。すぐ沸くしコンパクトになるのでスーツケースに入れてもかさばりません。これから色んな場所で活躍しそうです。値段も手頃で買って本当に良かったです。

すべての口コミ参照元:amazonより(https://www.amazon.co.jp/miyoshi-ltd-折りたためるトラベルケトル-500ml-MBE-TK02/product-reviews/B01BSKPU14/ref=cm_cr_dp_d_show_all_btm?ie=UTF8&reviewerType=all_reviews)

ミヨシの特徴

携帯できるケトル

旅行先に、電源があればいつでもお湯を沸かすことができるケトルは重宝します。ミヨシのケトルは折りたたんでコンパクトになる携帯可能なケトル。使用時は広げて使えます。最大15cm~18cmの高さまで、広がり、収納時には10cmまで小さくたためます。

容量800ml

一度に沸かせるお湯の量は最大800ml。携帯して持ち運べるケトルだけど、一般的なケトルと最大容量は変わりません。自分一人だけのティータイムはもちろん、大家族で使用する場合は、カップラーメン、スープをつくるときにも役立つ大きさになっています。

自動保温機能

お湯の温度が約85℃まで下がると、自動的に再沸騰してくれる便利な機能つきです。いつでも保温してくれるから、スイッチONしたまま、うっかり放置してしまうような忙しいときでも、お湯が冷めることがないので安心です。保温する必要がなければ、電源を抜くだけ。また沸騰が早く、200mlなら約3分、800mlなら約9分程度で沸騰可能です。

電気ケトル愛好家“HIROSHY”の考察
img02

このケトル面白いですね。旅行先にも携帯して持ち運びできるケトルか。こういうケトルひとつあったら役立ちますよ!出張することが多い人とかは、このケトルもっていってもいいし、あとキャンプとかでも使えそうですね。しかも、自動保温機能もついてるのが、頼もしいケトルですね。

本当におすすめできる
電気ケトル3選!
比較・検証の結果はこちら

ミヨシの価格

本体価格:2,773円(500ml)、4,757円(800ml)
※2019年12月12日現在の価格。各ショップによって価格が異なります。

ミヨシの詳細情報

電源 AC100~127V/220~240V 50/60Hz
消費電力 AC100~127V:570~920W/220~240V:680~820W
サイズ 使用時:約W196×D130×H180mm/収納時:約W135×D130×H98mm
重量 約608g(本体のみ)
コードの長さ 約1m(コンセント Aプラグ)
材質 ステンレス、シリコン、PPほか
グッドデザイン賞受賞!!
注ぎやすさで人気
細口タイプの電気ケトル2選

ラッセルホブス

注ぐ湯量がコーヒー・紅茶にぴったり
ケトル界ロングセラー商品
  • ラッセルホブスの電気ケトルの画像
    引用元:amazonラッセルホブスページより
    (https://www.amazon.co.jp/Russell-Hobbs-ラッセルホブス-7410JP-【グッドデザイン・ロングライフデザイン賞受賞】ラッセルホブス/dp/B00WFQP2XM/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=カタカナ&keywords=ラッセルホブス&qid=1575534147&sr=8-1)
  • ラッセルホブスの電気ケトルの画像
    引用元:ラッセルホブス公式HP
    (https://russellhobbs.jp/product/cafekettle)
  • ラッセルホブスの電気ケトルの画像
    引用元:ラッセルホブス公式HP
    (https://russellhobbs.jp/product/cafekettle)
  • ラッセルホブスの電気ケトルの画像
    引用元:amazonラッセルホブスページより
    (https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61QCAd2f3LS._AC_SY355_.jpg)

 amazonでの気になる最新レビュー  

amazon平均評価
4.4(総評価数942件)
暖かさ
4.5
漏れにくさ
4.6
使いやすさ
4.4

※2021年2月18日時点での調査

Amazonで
詳細・最安値を見る

ラッピング商品・アクセサリーは
こちら

▼ラッセルホブスの口コミ

注ぎ口が細く、湯量を調節しやすいのでコーヒーを入れるのにとても重宝しています。デザインもシンプルでお洒落で気に入っています。

引用元:amazonラッセルホブスページより
(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1KYNFSNE9UNVE/)

ステンレス製で清潔感も有り、手入れがしやすい。コーヒー好きの私には注ぎ口の部分が長く入れやすいところが気に入っている。

引用元:amazonラッセルホブスページより(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3MR8VBH2XCHMQ/)

Amazonで
詳細・最安値を見る

バルミューダ

コンパクト&シンプル
一人暮らし向け電気ケトル
  • バルミューダの電気ケトルの画像
    引用元:amazonバルミューダページより
    (https://www.amazon.co.jp/バルミューダ-電気ケトル-BALMUDA-K02A-BK-ブラック/dp/B01M1HTWGZ/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=カタカナ&keywords=電気ケトル バルミューダ&qid=1575505788&s=home&sr=1-1)
  • バルミューダの電気ケトルの画像
    引用元:バルミューダ公式HP
    (https://www.balmuda.com/jp/pot/)
  • バルミューダの電気ケトルの画像
    引用元:バルミューダ公式HP
    (https://www.balmuda.com/jp/pot/)
  • バルミューダの電気ケトルの画像
    引用元:amazon公式HP
    (https://m.media-amazon.com/images/I/81ndhvUgBhL._AC_SY450_.jpg)

 amazonでの気になる最新レビュー  

amazon平均評価
4.3(総評価数539件)
暖かさ
4.6
漏れにくさ
4.2
使いやすさ
4.3

※2021年2月18日時点での調査

Amazonで
詳細・最安値を見る

ラッピング商品・アクセサリーは
こちら

▼バルミューダの口コミ

600mlなので人によっては少なく感じるかと思います。ただ、普段コップ1〜2杯程度しかお湯を沸かさない私にとっては十分でした。サイズ感もちょうど良く、軽くて使いやすいです。

引用元:amazonバルミューダページより
(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3UNREMA9RRUTE/)

値段は正直高いです。でも、デザインとコンパクトが気に入ってます。簡単でシンプルで使いやすい。子供でも使いやすい。

引用元:amazonバルミューダページより
(https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1LVPOQRHFZG82/)

Amazonで
詳細・最安値を見る

ラッセルホブスの電気ケトルの画像

2021年 おすすめ電気ケトル
コーヒーを美味しく淹れる細口タイプ
グッドデザイン賞受賞商品はこちら